スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

硯がふたつ


硯


昨年の忘年会で硯をふたつ頂きました~。


左側は「澄泥硯」だそうです。
これは先日の書道芸術院の受賞のお祝いに頂きました。
淡墨作品をに使うといいそうです。

右側はくじ引きで2番になり、、、頂戴しました。
小ぶりなので持ち運んだり、仮名を書くときに使うといいそうです。


一晩で硯がふたつも増えました!!

道具についてはほとんど知識がなく・・・
いつどうやって使うの??という感じなのですが・・・(笑)


色々と試してみたいと思います。





スポンサーサイト

テーマ:書道 - ジャンル:学問・文化・芸術

21 : 34 : 50 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<< | ホーム | かな作品に挑戦>>
コメント
文房四宝
「澄泥硯」は端渓硯などと並んで有名な硯だと記憶しております。
素晴らしいお祝いの品ですね。
良い硯は石がキメ細かいので墨が滑らかにおろせますし墨の発色もよいですよ。
また、右の硯もコンパクトで使い勝手が良いと思います。

私は老坑の端渓硯を愛用しており、問屋で購入しましたが
小さい割に1万円近くしました!(汗)
仮名の細字作品には墨だけでなく料紙も筆も吟味します。
文房四宝に凝りだすときりがなくなりますね(笑)。
by: ももはな * 2009/01/18 23:46 * URL [ 編集] | page top↑
Re: 文房四宝
ももはな さま

コメントありがとうございます。

文房四宝って、凝りだすときりがないんでしょうね。。。

筆や紙は書きやすいとか、書きにくいとか、
少しくらいはわかりますが、
墨はまだまでよくわかりません(涙)

一つの道具を自分ものにするまで
時間がかかるので、のんびりがんばります。


by: sumie * 2009/01/20 00:12 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shodo86.blog114.fc2.com/tb.php/101-0fbdc19b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

hosui

Author:hosui
書道をはじめてから・・・数十年。
自分の想いを表現できたらいいな。
と、思っています。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

シンプルアーカイブ

カテゴリー

☆☆☆

無断転載・無断使用は ご遠慮くださいませ

QRコード

QR

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

にほんブログ村 美術ブログ 書・書道へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。